大本山の納骨堂へ、行ってきました

わが家の宗派の大本山にある納骨堂へ、先日家族で行ってきました。本堂の地下にある、大きな空間に、納骨堂はありました。納骨堂の前までには、お骨を納骨する時にだけ、僧侶と一緒に、家族の代表だけが入ることが出来ます。納骨堂は、厳粛な雰囲気に、つつまれていました。実際にお骨を納骨する瞬間は、見る事ができませんでした。納骨堂のなかには、僧侶だけが入ることが出来ました。ここでお別れをしてくださいと言われて、手を合わせました。大本山にある納骨堂が、いったい実際はどんなものか、この目で見ることはできませんでした。納骨堂は、ブラックボックスではありません。写真などで様子を、見る事ができれば、もう少し納得が出来るのにと思いました。テレビコマーシャルで、都会にある近代的なビルの中にある、納骨堂の様子を良く見るようになりました。オープンで明るい雰囲気で、とても好感を持つことが出来ます。お墓を持つことが出来ない人には、都会にある納骨堂がおすすめです。また、お墓が遠くにあってお参りできない人は、おもい切って、交通至便な場所にある納骨堂を、是非検討してみていただきたい。お値段の方も、とってもリーズナブルになっています。わが家が購入した、納骨お仏壇は、一基五百万円もしますので、あまりみなさんにはおすすめできません。納骨お仏壇は、京都の東山にあるので、お参りに行く機会も、お盆やお彼岸などに限られてしまいます。納骨堂は、ふと思い立った時に、手を合わせる事ができるのが、一番です。

Leave a Reply