多種多様なキャリーバッグ

最近では、キャリーバッグもさまざまな素材や大きさ、カラーのものが販売されています。

キャリーバッグと言えば、以前は布製のものが圧倒的に多かったです。

しかし、布製のものは、雨に濡れたりしたときに、中に水分がしみこんでしまって大事なものが濡れてしまう心配があることや、旅行中で特に海外旅行に行った場合などに、布製のキャリーバッグはナイフで切ったりして、かばんを破られて、盗難にあうという危険性も高いのです。

そういったわけで、最近は、布製のキャリーバッグよりも、ハードケースのキャリーバッグの方を好んで買われる方が多いです。

キャリーバッグは、ころころとひいていけるので、荷物の持ち運びが便利です。

同じ重さの荷物が入ったボストンバッグを持ち運ぶのと、キャリーバッグでころころとひいて歩くのは、手にかかる重みも全然違いますし、キャリーバッグはとても楽です。

また、キャリーバッグ以外に他にバッグを持っていたら、キャリーバッグの上に乗せられます。

キャリーバッグの大きさは、宿泊日数によっても大、中、小と大きさがいくつかあるので、使い分けることが出来ます。

空港で、キャビンアテンダントさんは小さなキャリーバッグをフライトの際に持ち運んでいる様子を、よく見かけます。

ハードケースのカラーには、たくさんあり、シルバーやブラック、ホワイトといったオーソドックスなものから、パールやメタル感のあるピンクやターコイズブルー、イエロー、パープルなどカラフルなものがたくさんあって、キャリーバッグのカラーで自分らしさを発揮できます。

Leave a Reply