赤ちゃんからお年寄りまで安全で安心なウォーターサーバー

海外ではウォーターサーバーが原因で299人へのA型肝炎が感染してしまったことがありました。

日本も例外ではなく、ウォーターサーバーの衛生検査書は不表示です。

飲料水検査に不合格のウォーターサーバーもあるということです。

しかし、私たち消費者は「ミネラルウォーターだから安全だ」っと思って赤ちゃんにも飲ませていることが多く、まさか最近に汚染された飲料水に適さない水だとは思っていないでしょう。

ですから、集団感染は海外だけの問題ではなくなっています。

特に地球温暖化が進み細菌やウィルスと隣り合わせで生活をしていかなければいけません。

これまでのゴボゴボとタンクから水を出していたタイプのウォーターサーバーは空気中のほこりやカビ、細菌などに触れやすい構造でした。

そのため健康のために飲んでいた方も逆効果だった場合もあります。

また、菌に対して抵抗力の弱い赤ちゃんやお年寄り、妊婦の方などが口にする可能性もあります。

人間には欠かすことができない水ですから、ウォーターサーバーを契約する前に業者への確認が必要になります。

そのためには、メンテナンスも必ず必要になります。

ウォーターサーバーのタンクの表面をアルコールで拭いても、目に見える汚れが取れているだけで、貯水タンクの目に見えない危険なよごれは取れていません。

直接口に入り、健康を左右してしまう水ですから、赤ちゃんからお年寄りまで誰でも安全で安心な水を飲むためには、メンテナンスが必要です。

Leave a Reply