毛髪というのは血液からできていて

もう体育祭で息子の走る姿を見ることはないのか·.

3点で支えれば安定しますが、動きを重視のためでしょう、2点で支えていますので、とても不安定です。
が頭蓋骨で押しつぶされるようになり、顕椎1番2番が右前方そのため、例えば、右の環椎後頭関節やや前側に頭蓋骨の重心が偏りますと、頚椎けいつい首の骨のこと右顎の方向に、ゆがみます。この上からの圧迫を改善しなければ、いくら頚椎を治してもまたゆがみます。多くの鍵·靭帯が関係していますので、そのすべてを書けませんが、一部をこご紹介します。後頭骨から背骨の勅突起背骨の背中側真ん中をつなぐ項靭帯こうじんたい·煉上筋靭帯というのがあります。首を屈曲したとき、筋肉·頚椎だけではなく、項靭帯·萩上筋靭帯で支えています。大きな魚を釣り竿で持ち上げるような負担が加わります。パソコン、読書、スマホ、テレビゲームと首を屈曲する機会の多い現代人は、この項靭帯が緩まなくなります。次の図はスマホやデスクワークをしているときの図。項靭帯こうじんたいなどが、ちょうど魚を釣った釣り竿のような負荷がかかります。
もう一つ例を。後頭直筋の鍵下図のネジの部分が緊張すると、筋肉が硬く短くなり、矢印のように頭蓋骨、頚椎を引っ張る力が働き、環椎後頭関節が圧迫され、頚椎1番2番が押しつぶされ、横に押し出されます。
どこまで治るか

●頭蓋骨の形は、主に子供時代に作られます。それを完全に変えることはできません。

縫合部や帽状腿膜にゆとりが若ハケゲは止まります。できれば、多少の変形があっても、しかし、

頭蓋骨調節 実技編

●注意事項

痛みは一切与えません。痛ければ力を抜いてください。1力は木綿豆腐をカッサプレートしゃもじで押して崩れずに、1センチほど切り込みが入るくらい。とても優しい力です。2軽く触れただけで痛いところは、悪いところです。軽く触れて痛い場所を見つけたら、さらに力を抜いて痛くない程度の圧力で1分ほど。3一度に変わる変化はわずかです。一回で治そうとしないでください。1日数分。




数ヶ月から1年かけて改善していきます。4安全面を最優先しておりますが、活字での説明に限界がありますので、自己責任でお願いします。5皮膚に炎症が出ましたら、しばらくお休みください。6

●道具

指で行う方法と、道具を使う方法があります。自分で自分を調節をする場合は、道具を使った方が楽ですので、この本では道具での説明になります。道具は、100円ショップで売っているしゃもじ。木製が良いでしょう。皮膚に刺激があるかもしれません。木製であれ、プラスチック製であれ、肌に当てて痛プラスチックですと、
500円くらいの安いかっさプレートも売っていますが、研磨が雑で皮膚を痛めます。あまり厚くない物がよく、4~5mmが扱いやすいです。4mmがお勧めですが、あまり売ってません。3,000円を超える高級かっさは、厚みが6mm以上あることが多く、扱いにくいです。

●矢状縫合へのアプローチ

矢状縫合圧精神的緊張、頭脳労働、目の疲れなどでここが締まってきます。現在はもちろん、子供時代のストレスもここに残ります。イライラ、頭蓋骨調整の基本になる場所です。矢状縫合に強い締めがありますと、周辺に骨の隆起がおきます。まず1番目はしゃもじあるいはカッサプレートを使った方法を。次の図の赤矢印が矢状縫合。図は頭を後ろから見た図
次の図のように真っ直ぐにプレートを矢状縫合に差し込んでいきます
軽く触れただけで痛い場合もあります。あまり痛くない、気持ちの良い範囲で行って下さい。気持ちの良い強さで30秒から1分ほど押します。場所を変えて同じことを繰り返します。
矢状縫合はがし矢状縫合にさし入れたプレートを軽く外側にはがします。しゃもじの角度は、10~30度。やさしく開くように。

  • 長時間の熱風は髪と頭皮を傷める原因になります。
  • 女性は手っ取り早く男性を発情
  • 脂っこい食事の連続は頭皮の皮脂が確実に増えます。

予定では薄毛に悩むことなく順風満帆な状況を想定していたけど

●髪の毛は賛沢品呼吸に合わせて息を吐いたときゆっくり外側に数センチプレート開きましょう1カ所30秒から1分ほど行います。次の図を参考に。
前の図、赤矢印の方に数ミリ開くように。息を吐いたときに開き、吸ったときは緩めます。つむじの部分も、左右に開きますが、下側頭の後ろ側にも開きます。赤い線の部分にプレートを当て、後頭骨側にゆっくり剥がすようにします。気持ちの良い強さで1分ほど。赤い線の場所は、つむじのあたりですが、あまり細かく考えず、適当で良いです。いろいろ試して気持ちの良いところを。緑の線も同じようにプレートを当てて、やや前頭部の方に剥がすように。場所はやはり気持ちの良い場所。

●胸鎖乳突筋の鍵を緩める

胸鎖乳突筋の健を緩めます。健は次の図のネジです。鍵が緊張·収縮し、色のネジです。短くなります。結果として側頭骨を下に引っ張ります。これを改善します。まずは耳の側の鍵、下図では緑
次の図のように、ジャンケンのチョキを作り耳を挟みます。赤い矢印の先は、耳の裏側に人差し指が当たってます。
このように挟んで、人差し指と中指全体を広く当てます。そのまま、一秒3センチくらいのスピードで、上下にこすります。気持ちの良い強さで。1分ほど。次のの図の赤枠=胸鎖乳突筋の鎖骨側の鍵に、の図のように指を当てて、左右にこすります。気持ちの良い強さで。1分ほど。

毛の成長速度が速くなった分一秒3センチくらいのスピードで、
次の図は、実際祭に指で刺激している図。もう少し指は寝かしてください。

●耳

この本でご紹介している調節方法は私のオリジナルです。しかし、これからご紹介する耳の調節方法は、多くの治療の流派が行っています。オリジナルは導引術でしょうか。導引術は、約5,000年前の中国で生まれましたので、こちらが最古かもしれません。あるいは、太極拳、仙術あたりがオリジナルかもしれません。ご紹介するに当たり、創始者の名前を提示するのが義務と思いますが、5,000年前の話ですので、私には創始者がわかりません。現在は、様々な健康法や治療法の流派に取り入れられています。 私のやり方はアレンジしたもので、とても簡単です。耳たぶを気持ちの良い範囲で軽く引っ張ります。一カ所は十秒ほど。数カ所おこないます。

●環椎後頭関節かんついこうとうかんせつ

赤い枠の奥を環椎後頭関節と言います。次の図の赤い矢印の部分、
頭蓋骨の重さがダイレクトにかかるので、圧迫が大きく、結果、頭部への血行を圧迫します。これを改善します。次の図の赤い線の部分環椎後頭関節赤矢印の方向に気持ちの良い範囲で頭蓋骨を上げていきます。差し込む角度は30度くらい。やや寝にカッサプレートしゃもじを当てて、かして軽く押し込み、30秒ほど、1センチほど持ち上げる気持ちです。左、右、真ん中の三カ所。決して強くやらずに。人によっては、触れただけで痛いので、その場合、痛みが起きる手前で、持ち上げるのではなく、ただ当てるだけにします。
次の図はカッサプレートを当てた図です。

傷ついて乾燥した髪

●背骨はがし

背骨の間に刺間靭帯きょくかんじんたいというのがあります。次の図の赤い丸が 萩間靭帯です。
疲労でこの頼間靭帯が硬くなり、上の背骨と下の背骨を接着剤のようにくっつけて、背骨の動きを制限し、歪ませ神経圧迫を起こします。背骨間の遊びがなくなります。ハゲに関しては、環椎後頭関節と、頚1~4番くらいがポイントになります。ここにプレートを入れます。軽く触れるだけで痛い場所があります。痛い場所は悪い場所です。気持ち良い範囲で押しつけ、30秒ほどキープ。痛い場所も、力を抜いて、痛くない範囲で行ってください。
ここは疎間靭帯、その奥は背骨ですので、脊髄殖神経には触れません。

●横隆起の調節

次の図のように横隆起に手のひらを当てます。気持ちの良い圧力で圧迫して、チョンチョンというリズム1秒1回~2秒1回で締めたり緩めたりします。
私が使う技は他にも多数ありますが、この本では、素人の方に活字で説明できる技のみをご紹介しました。

シャンプー

●若ハゲには

シャンプーは危険ほとんどのシャンプーは下記の4種類に分類されます。のシリコン系の高級アルコール系の石けん系のアミノ酸頭皮が自然に持つバリア機能を低下させます。

が4つの中では比較定期安全です。

シャンプーの活面活性剤、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、安息香酸ナトリウム、シリコンは若ハゲを進めます。リンスはシャンプーほどではないですが、やはり使わない方がよろしいです。

●お湯

シャン一切のシャンプーやリンスを使わず、お湯だけで洗う方法をお湯シャンと言います。はじめはフケや癖みが酷くなります。はじめは、シャンプーを使う日と使わない日を交互にしても良いです。お湯記の方法もどうぞ。シャン1ケ月くらいから、安定します。髪の臭いが気になる方は下

●重曹+クエン酸

重曹シャンプー大さじ1程度の重曹を、洗面器に溶かして、その重曹湯で髪を洗うだけ。

抜け毛はパないです。

髪を再生していくにあ重曹湯はその場で作り、使い切り。重曹には純度の違いで薬用·食用·工業用のグレードがあります。重曹を選ぶときは安心·安全のために食品グレード以上のものをお勧めいたします。ご近所の薬局やアマゾンでご購入できます。シャンプーと比べれば、とてもお安いです。クエン酸リンスクエン酸リンス液は、水500mLにクエン酸60gを溶かして作ります。リンスの時は、洗面器1杯のお湯に、クエン酸リンス液をさかずき1杯ほど溶かして使います。長くおくと変質するので、作ったリンス液は早めに使い切るようにしてください。一週間から1ヶ月クエン酸は安いのですので、お湯を入れた洗面器に、クエン酸を小さじ一杯くらい入れ、その湯でリンス。その場で作り、その場で捨ててもよろしいですね。食品グレード以上のものをお勧めいたします。ご近所の薬局やアマゾンでご購入できます。リンス剤と比べれば、とてもお安いです。以下は医学博士三宮有壱氏の説「人間は体の中に毒が入り込まないようにするためのシステムを生まれながらにして保有しています。口には粘液や消化管、鼻には鼻毛など、体に毒が入らないようなシステムがたくさんあります。しかし、肌から毒が入ってくることは人間の体で想定されておらず、簡単に体内に入ってしまいます。