新しい毛髪が生まれます。毛皮質は毛髪の大部分を占め

育毛にしっかりとした睡眠は必要不可欠な要素です。

体温維持や血流促進だけでなく肌や髪の潤いにも不可欠です。

特に頭皮などは吸収が著しいです。シャンプーなどがとても厄介なようです。」引用はここまでパーマ、整髪料は、かなり悪影響があります。白髪染め、

どうしてもシャンプーを使いたい人

国内では良いシャンプーが見つけられませんでした。Iherbでは下記が比較的安全です。Desert Essence社の, オーガニックス,シャンプー無香料、237 ml約800円前後8液体オンス
コンディショナー、無香料、8液体オンス237 ml約800円前後

生活とハゲ

●睡眠とハゲ
日本人の平均睡眠

時間は、主要28カ国中最短*活動量計を開発·販売するポラール·エレクトロ·ジャパンが4月9日、活動量計で測定した睡眠データを基に、こんな調査結果を-発表した。活動量計の28カ国のユーザーから、600万の睡眠データを取得して分析した。Polar A370Polar M4302017年の6カ月間、日本人の平均睡眠時間は男性が6時間30分、女性6時間40分と28カ国中最短だった。最長は、男性はフィンランド人の7時間24分、女性はフィンランド人·ベルギー人の7その結果、時間45分だった。短眠健康法は泡のように時々流行し、また少し姿を変えて流行します。様々な化学的エビデンスがあるようですが、臨床の場では危険な健康法です。消えていき、病気の人も、体調不良の人も、もちろんハゲたくない人も、ハゲをストップしたい人も、短眠健康法はやめましょう。何時間寝ればいいかですが、個人差があります。理想は、寝たいだけ寝るです。寝たりないと感じれば、睡眠不足です。お昼寝でも、夕寝でもしましょう。朝寝でも、可能なら、毎日睡眠不足で、週末だけ寝だめは理想的ではないです。十分な睡眠が必要です。自分が十分と感じた時間が十分な睡眠時間です。毎日、十分とは、野良猫の寿命は、3年から5年。飼い猫が10年から20年です。理由は、エサや敵や病原菌などいろいろあるでしょうが、一つには睡眠もあるでしょう。野良猫は敵ばかりのところで睡眠をとります。家猫は絶対に安全な場所で寝たいだけ寝ます。睡眠中に活性酸素を処理しています。がん、動脈硬化、認知症などさまざまな病気の原因がこの活性酸素です。もちろんハゲの原因にもなります。ストレスが多い人、高齢者、過労の人、糖質が多い人は、活生酸素が多く出ます。ハゲだけではなく、がんなど万病予防に、睡眠中にメラトニンというホルモンが分泌され、活性酸素の無毒化が活発に行われています。活性酸素処理が必要です。つまり、十分な睡眠が必要です。
三島和夫みしま·かずお医師(秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授)

基本的に暑がりでいつも薄着の僕

によればといっても数年前ですが、睡眠医学の分野で話題になったのは、日中に脳内の神経細胞で生じた老廃物が、集中的に脳外に排出される仕組みが解明されたことです。最近睡眠中、米国·ロチェスター大学の研究成果です。排池はいせつ 物の中にはアルツハイマー病の原因になるタンパク質アミロイドβも含まれていて、睡眠時間が短いとそれを脳外へ排出する働きが悪くなることも確認されました。睡眠時間が短いと認知症になりやすいことは疫学研究から分かっていましたが、そのメカニズムがようやく明らかになったのです。数日の寝不足で弱まる血糖値の抑制力二つ目の目的は、翌日に向けた心身の調整です。人は睡眠中に、必要な記憶を長期間保てるようにしっかり固定する作業を行っています。そのほかにも、不要な記憶を消去し、気分を安定させる、血糖調整などの代謝能力や免疫力をアップさせるなど、翌日の活動に向けた準備を整えています。引用はここまで

●睡眠の質を上げる

睡眠の質が悪い場合は、まず高タンパク質にします。 睡眠前に、生クリームを入れたプロテインを飲みます。サプリは、個人差がありますが、メラトニン、グリシン、ナイアシン、ビタミンB12、マグネシウムなどで、改善した人が多いです。次の図は後頭骨。僧帽筋や後頭直筋の鍵の緊張のため、後頭骨が赤矢印の方向に変形。黄緑の部分Aが締まります。ほとんどのケースが左。この黄緑を左に開きます。指で気持ちのいい範囲で。さらに黄緑の部分を指でガリガリこすります。歪んでいる人はかなり痛い。正常な後頭骨は痛くないです。1分ほど治療。

●交感神経とハゲ

自律神経には、交感神経と副交感神経の二種類があります。自律神経は、血血行や内臓の活動のために、24時間働き続けている神経です。自分の意志ではコントロールできません。

 

額の生え際の毛が細くなってきて

育毛効果の方は劇的でしたけど例えば、意志の力で心臓を早く動かしたり、心臓を止めたり出来ません。自律神経で動いているからです。自律神経には2種類有ります。交感神経と副交感神経の二つです。交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキと考えるとわかりやすいです。ストレスなどで交感神経優位(イライラ、緊張、怒り、心配、不安)酸素を使わない解糖系のエネルギーが主体となってきます。交感神経優位で酸素の無駄使いになり、ですと、酸素を使うミトコンドリア系が働かないからです。低低酸素、高血糖の状態です。ガンや傭尿病になりやすい状態です。怒りっぽい人、攻撃的な人、心配性の人、暗い人、みんな交感神経優位です。体温、いつも、イライラしたり、興奮したり、カッとしたり、怒り、憎しみ、心配、不安などの感情があるのを交感神経優位といいます。アクセル踏みっぱなしの状態。交感神経優位ですと、若ハゲは進みます。交感神経優位になる原因=イライラ、特に長時間続く怒り、恨みや復習、不安、心配、嫌な仕事をする、嫌な人と会う、辛いと感じることすべて、喧嘩、議論、断食、空腹、怒り寒い、睡眠不足、過労、水風呂など。冷える、その逆に、幸せを感じる、笑い、仲良くする、好きなことをする、好きな人といる、温める、入浴、睡眠、食事、などは交感神経の高ぶりを沈めます。●喫煙、深酒とハゲ書くまでもなく、常識だと思いますが、喫煙、深酒も間接的にハゲの原因になります。喫煙時、ニコチンの作用で血管が収縮し、血の流れが悪くなります。さらに喫煙時の一酸化炭素も、ニコチン同様、血流を悪くします。一酸化炭素は酸素よりもはるかに強くヘモグロビンと結合してしまうため、肝心な酸素が入り込む隙を与えません。アルコールは肝臓で分解されるときに、システインとメチオニンを使います。ともにアミノ酸タンパク質です。深酒は髪の毛の材料になるべきシステインやメチオニンがアル
コールの分解のために使われるので、髪の毛が作れなくなります。お酒を飲んだらプロテインです。

辛い味の発散作用が体のバランスは崩また飲酒でビタミンA·B.C.D.E、葉酸、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、ナトリウムの吸収が悪くなります。これらが髪の毛の栄養を減らしてしまいます。

ハゲと高タンパク食

●髪の毛は賛沢品

髪の毛はタンパク質です。新しい髪の毛はタンパクなしでは作れません。ただ、髪の毛は命に直接関係しませんので、優先度は低くなります。いわば誓沢品です。例えれば海外旅行やダイヤモンドと同じです。お金に余裕がなければ、家賃や光熱費や食費でお金はゼロになります。とても海外旅行にはいけません。お金をタンパク質に入れかえて考えてください。血液も、血管も、肝臓も、腎臓臓もタンパク質でできています。血液は約三ヶ月で入れ替わります。肝臓は約1ヶ月で入れ替わります。消化酵素もタンパク質です。腸もタンパク質です。腸の紋毛は2日で入れかわります。新しく入れかわるときにタンパク質が必要です。にれらは生命に重要なものですから、タンパク質は優先的に使われます。生活費を払ったあとあまったお金で海外旅行に行くように、生命に重要な組織にタンパク質を回して、余ったタンパク質で髪の毛を作ります。若いときは、何とかなっても、高年齢になれば、タンに、パク質不足で髪の毛は作れません。若ハゲをストップには、健康のためのタンパク質量よりも逢かに多くのタンパク質が必要なのかがおわかりでしょう。体重60kg の健康な人が健康を維持するには体重の2倍gのタンパク質が必要。つまり120gのタンパク質が必要です。肉で約800 g。ステーキ3人前。体重60kg の人が若ハゲをストップするには体重の4倍gのタンパク質が必要。つまり240gのタンパク質が必要です。

髪がパサパサになるなど


肉で約1600g。ステーキ6人前。
まず不可能な量ですので、ホエイプロテインを使います。ホエイプロテイン50g × 3回=180 gさらに卵数個と肉200g。これでタンパク質200g を越えます。

●髪の毛の材料はタンパク質

毛小皮:毛表皮、コルテックス(毛皮質)、(毛髄質)の3つの部分でできています。次の図は髪の毛の解剖図。メデュラ髪の毛はキューティクル
髪の毛の約80~90%がタンパク質です。とくにケラチンというタンパク質の割合が非常に多いです。ケラチンは爪にも含まれている成分です。ケラチンは、髪の毛の約80%程度です。ケラチンは18種類のアミノ酸からできていますが、シスチンというアミノ酸成分一番多いです。シスチン摂取には、ホエイプロテインや卵を充分量、摂る必要があります。糖質制限の指導者でハゲている人がいる5-3糖質制限開始前にハゲている場合、毛根がに壊れていれば、食事療法での改善は難しいです。例えば、40歳まで糖質中心のバランスの良い食事をしていてハ不可逆的再生不可能ゲた場合、そこから糖質制限や分子栄養学を開始しても、すでに手遅れです。様々な食事法がありますが、若ハゲが治る食事法は聞いたことがありません。断食で若ハゲが治るとおっしゃる方もおられますが、断食·小食生活が長い方でもハゲている方がおられます。通常の糖質制限や分子栄養学メガビタミンのタンパク質量でも、ハゲやすい人は予防しきれません。5-1で書いたような高タンパク食のさらに上を行く高タンパク食が必要になります。

●カスケード理論と若ハゲ

低タンパク食でもベジタリアンでもハゲない人がいます。これはカスケード理論で説明がつきます。ビタミンCを例に取りますと、Cは1,000種類くらいの化学反応に使われます。血糖値を下げるインスリンを作るのにもビタミンCが要ります。皮膚の再生にも、骨の再生にも、ストレスに対抗するコルチゾールホルモン、ウイルスをやっつけるインターフェロン、それらを作るのにすべてビタミンCが必要です。1000種類の化学反応にビタミンCが使われます。その作る順番が、人により違います。掃除しながら料理できないように、まず掃除が終わってから料理。料理が終わったら洗濯。

ほんの少量でも整髪料や異質物 が付着するだけ

人種の髪質の違いについてもご紹介します。この順番は遺伝子で決まるので生まれながらに決まっています。
Aさんは1番目にインスリンを作り、1,000番目にコルチゾールを作るとします。一方、Bさんは1番目にコルチゾールを作り、1,000番目にインスリンを作るとします。AさんとBさんが同じ食生活をしていても、Aさんは糖尿病になりにくく副腎疲労症候群コルチゾールが関係するになりやすいです。Bさんは糖尿病になりやすく、副腎疲労症候群になりにくいです。1番はじめに作る時は材料が余ってますが、1,000番目になると材料不足で満足に作れなくなるからです。これを三石巌先生はカスケード理論と名付けました。カスケード理論はビタミンだけではなく、タンパク質でも当てはまります。同じタンパク質不足でも、カスケードの最後の方に髪の毛の生成がある人はハゲやすく、皮膚が最後の方の人は皮膚の老化が早くなります。ハゲている人は、髪の毛生成がカスケード理論の最後の方にある人で、そのような遺伝子=体質=遺伝的要素を持っています。これを変えるには、最後の方の化学反応でもタンパク質不足にならないように、より多くのタンパク質が必要になります。健康を維持するために必要なタンパク質量よりも、ハゲストップにはより多くのタンパク質が必要になります。つまり遺伝的弱点を改善します。遺伝で不足しやすい栄養を補えばいいわけです。ティム·スペクター遺伝疫学教授博士は《遺伝子にはスイッチがあって、したりすることもできる。》と述べています。遺伝は変えられます。オンにしたりオフに以下は私の量。個人により量は異なります。かなり多いのでいきなり真似しないでください。少量から初めて徐々に増やしていただきます。この点については、私の著書メガビタミン入門3を参照に。ヨウ素補給に海藻を多く。高タンパク食。ホエイプロテイン1日300g 卵数個 肉か魚200g 大豆製品少々糖質1日40g以下ビタミンA15万IU妊婦さんは1万IUまでBコンプレックス300mgビタミンC30㎏ビタミンD1万IUビタミンE2800IUキレート鉄100mg マグネシウム900mg カルシウム450mgセレン400mcg 亜鉛240mgアスタキサンチン36mg大豆レシチン5g イヌリン10g L-カルニチン·タートレート3gBCAA5㎏ ウルトラオメガ3, 500 EPA/250 DHAビタミンB6を1000mgaリポ酸300mgユビキノールいきなりは無理ですので、まずプロテイン併用の高タンパク食。