血 行不良の原因となり抜け毛を促進します。

まだまだ初期脱毛は続いているようです。

僕と同じように薄毛で悩んでいる方

プロテインは少量から少しずつ増やしてください。糖質制限。特に果糖制限。海藻を多く。サプリは少量から。ビタミン B、C、亜鉛は必須です。

●タンパク質不足

人体は60兆の細胞で構成されています。毎日、3,000億の細胞が死にます。そして3,000億の細胞が作られます。この細胞が内臓·骨·筋肉·血管·皮膚·髪の毛などになります。毎生まれ変わってます。肝臓の90%以上の細胞は1ヶ月で入れ替わります。1ヶ月前の私たちの肝臓と今日の私たちの肝臓は、別の細胞で構成されています。日少しずつ入れ替わり、これらの細胞を作るには材料のタンパク質が必要です。タンパク質はアミノ酸でできていますから、つまりアミノ酸が必要です。ところが低タンパクの食事の人は、細胞の材料になるアミノ酸が足りません。そこで、自分の死んだ細胞を分解して作ったアミノ酸を再利用します。この中古アミノ酸にはブドウ糖などの老廃物が付着しており、質の悪いアミノ酸です。修飾アミノ酸と言います。質の悪いアミノ酸から作った細胞は質が悪くなります。タンパク質を多く摂っている人でも修飾アミノ酸を使いますが、非修飾アミノ酸=新鮮なアミノ酸が多く、新鮮な材料で作られた質の良い細胞を作ることができます。和食やバランスの良い食事は、低タンパク食になります。厚生労働省の勧める基準量では全く足りません。低タンパク食では、細胞再生の中心が、中古のアミノ酸になりますので、細胞の質が悪い、病気になる、肌が汚い、髪が薄くなります。ベジタリアンさんのようにタンパク質が足りてない食事でも、中古のアミノ酸を再利用できるから死にはしません。でも健康にも美容にも悪影響が出ます。

薄毛を完全に克服するというのも簡単ではありません。

タンパク質は4時間ほどで切れますので血中アミノ酸濃度、1日1食よりも3食、あるいは5~7食と少量をチビチビ摂る方が効率的です。頻回小食と言います。1日1食から2食では血液中のアミノ酸濃度を高く保つことができませんので、1日3~7食と、少量をこまめに摂られた方が、勝原病には有効です。プロテインスコアの高いタンパク質を

プロテインスコアとは、ウィキペディアによれば

「プロテインスコアとは、食品中のたんぱく質の品質を評価するための指標である。1957年にFAOによって提示された。プロテインスコアは、卵および牛乳のアミノ酸組成から導かれている。人体のアミノ酸必要量に基づいていないため、後にアミノ酸スコアとして改訂されることになる。これがアミノ酸スコアと値が違っている理由である。」
引用はここまで似たようなものにアミノ酸スコアがありますが、こちらは参考になりませんので、プロテインスコアを中心に考えて下さい。企業が自社商品でアミノ酸スコア100と書いて宣伝する場合は、プロテインスコアですと50とか60と低くなるからです。ほとんどの日本人が、プロテインスコアとアミノ酸スコアの違いがわかりませんので、企業は高い数値の出るアミノ酸スコアを使います。厚生労働省食のタンパク質は、たとえばお米や小麦などのプロテインスコアの低いタンパク質も計算に入れています。質の悪いタンパク質をカウントしますので、計算上、1日の食事の2割がタンパク質になり、厚生労働省の言うバランスのいい食事となります。ですが、2割では足りません。タンパク質は7割ほどほしいところです。さらに、その2割がプロティンスコアを考慮しないために、質の悪い2割になってます。プロテインスコアを考慮すれば、日本人全体が極端なタンパク質不足です。アミノ酸スコアではなくプロテインスコアが重要です。以下は三石巌著 全業績9、タンパク質の分子栄養学、を参考にしました。もしプロテインスコア100で100gのタンパク質を取るとすれば、お米で 6.5Kg必要になります。豆腐で3.2Kg豆腐約80丁、ジャガイモで10K㎏ 牛乳で45リットル。ホエイプロテインですと130g約4杯分牛肉ですと650g-日300gくらいの高タンパク食は、プロテインなしでは無理になります。

●タンパク質で胃腸のトラブル

いままで、タンパク質をあまり食べてこなかった人は、タンパク質分解酵素のペプシンが少ないです。このペプシンはタンパク質でできているので、今までのタンパク質不足で少なくなってます。そういう人は肉やプロテインを食べると、ペプシン不足からうまく消化できずに、胃痛や吐き気が起きます。少しずつ慣らしてください。とくにベジタリアンさんや和食中心の方のような低タンパク質食を続けてきた方は、肉やプロテインで体調不良になります。
若ハゲストップの為には、通常の高タンパク食以上の高タンパクが必要になります。いままでタンパク質をあまり摂られてこなかった方は、時間をかけてゆっくり慣らしてください。私の書籍メガビタミン入門3には具体的な方法が書いてあります。一部要約して引用します。

 

泡立ったところで髪を洗い始めます。

最後にサンプルとして私の髪の毛を数本切り取りました。

●段階的高タンパク質

高タンパク食を中学入学に例えてみましょう。もちろんこれは例えです。小学校の勉強を飛ばして中学に入学したら、勉強について行けなくなります。けっして智能が小学生並み。という酷いことを言っているわけではありません。代謝が糖質制限に移行するレベルまで安定してません。原因は筋肉が少ない、タンパク質不足、糖質過多などです。ご本人の責任ではないです。知らなかっただけですから。糖質制限する前の「代謝小学校カリキュラム」今までの食事○代謝小学1年肉10gプロテイン1g× 3回 糖質制限なし○代謝小学2年海藻摂取糖質制限なし今までの食事プロテイン3g× 3回卵1個肉30g○代謝小学3年卵2個 肉50g プロテイン7g× 3回海藻摂取 糖質制限なし今までの食事○代謝小学4年卵2個 肉70g プロテイン10g × 3回 海藻摂取 糖質制限なし 今までの食事ビタミンClg○代謝小学5年果糖制限果物·砂糖砂糖の半分は果糖ビタミンBコンプレックス1錠 卵2個 肉100g海藻摂取糖質制限ビタミンC2㎏プロテイン15g× 3回今までの1/2今までの食事なし○代謝小学6年ビタミンC3g ビタミンBコンプレックス2錠卵2個 肉150g プロテイン20g × 3回 海藻摂取 糖質制限なし 今までの食事果糖制限今までの1/3糖質制限中学入学!おめでとう!代謝中学校カリキュラム
○糖質制限中学1年お米·小麦を今までの1/2+ 小学6年の内容○糖質制限中学2年お米·小麦を今までの1/3+ 小学6年の内容○糖質制限中学3年 自分で量を加減 健康自主管理 ATPセット少量より1学年ごとに1~2ヶ月かけて慣らします。うまくいかなければ、前の学年に戻ります。留年します。1学年に3~4ヶ月かけても良いです。自信があれば飛び級でかまいません。小学4年から開始とかですね。

●ビタミンB6

高タンパク食ですと代謝にビタミンB6が必要になります。必要量の個人差が150倍ほどありますので、B6が不足しやすい遺伝子の方は、高タンパク食で肝機能低下を起こします。予防として1日にビタミンB6を1日1,000mg摂られるとよろしいです。プロテインや肉食でAST ALT(肝機能)の上昇はB6を1,000mgで防げることが多いです。B6は500mgを2回に分けて摂られてください。5-9 動的平衡人体は60兆の細胞でできています。1日3,000億の細胞が死に、3,000億の細胞が新しく生まれます。

さらに育毛剤をつけて抜け毛を予防する。同じ人物に見えても、その構成細胞は変化していきます。こうやって動的平衡を保っています。朝倉書店 栄養·生化学辞典より動的平衡とは「生体の中で合成と分解を繰り返している反応で,合成と分解が同じ速度で進んでいるため, 一見変化が起きていないようにみえる状態。」
高タンパクができているかどうかの基準

●血液検査のBUN尿素室素が20以下ですと、タンパク質不足。10以下はベジタリアンレベルのタンパク質不足です。

しかし、20越えたからと言って、足りているとは限りません。血液参考値です。検査はあくまで、夜ぐっすり眠れる、朝起きて元気、疲れにくい、皮膚がしっとりしている例えば、手のひらが水をはじく、などがそろえば、タンパク質不足がかなり改善したと言えます。もちろん若ハゲがストップすることもその一つです。

ビタミン·ミネラル

この章では、ビタミン·ミネラルについて述べますが、一部、私の著書からの引用があります。お勧めのサプリは下記を参考に
高タンパク食は危険か?肝臓5-11高タンパク食が危険というの誤解に対しては、私は他の書籍で詳しく述べました。(例「結局、何を食べれば良いの?」メガビタミン入門3など)ここでは、肝臓、腎臓についてだけ述べます。より詳しいことが知りたい方は、上記でご紹介した本を読まれてください。肝機能が低下すると、体内の栄養分であるアルブミン肝臓で作られるタンパク質が不足し栄養状態が悪くなり血液中のアミノ酸バランスが崩れます。これによりアミノ酸の中で分岐鎖アミノ酸BCAAと呼ばれるものが低下しますが、このBCAAにはアンモニアを解毒する作用や筋肉へのエネルギー源となる作用があります。(BCAAは、ロイシン、イソロイシン、バリン)アンモニア濃度をうまく処理できない人は、BCAAを飲めば良いことになります。
肝臓は常時500種類の化学反応を行っており、その反応のため酵素タンパク質·アミノ酸が必要です。タンパク質が不足すると、脂肪肝が進行します。さらに抗肝炎ビタミン·ミネラルは肝硬変にも通用B2、C、E、A、プロビタミンA、コエンザイムQ、セレン、銅、マンガン、鉄、亜鉛抗脂肪肝ビタミン·ミネラルは、コリン、イノシトール、E肝硬変には、ビタミンC40~100gの大量投与が有効。下記参考に。

と感じたら思い切って短髪にすることをオススメしています。


The Liver: Mechanisms of Toxic Injury and Therapeutic Prevention
The Hepatitis C Patient: FunctionalAssessment and Botanical Remedies
Alpha-Lipoic Acid Thioctic Acid:My Experience With This OutstandingTherapeutic Agent
肝炎の症例が多数あります。高タンパク食は危険か?腎臓

●人工透析導入患者の透析をはじめる原因となった疾患(原疾患)の第1位は糖尿病腎症で、

全体の43.7%にあたる1万6,072人が該当します。2015年のデーターこれから考えますと、糖質過多により糸球体が糖化して起きるのが一番の原因です。入れ替わっています。しかも腎臓はタンパク質でできており、腎臓の細胞は、生涯を通じて新陳代謝し細胞が再生して腎臓の材料もタンパク質です。ある程度腎臓が悪化すると高タンパク食は出来ませんが、これは結果であり原因は糖質です。

薄毛に一番関係している

あなたが薄毛に悩みはじめて抗腎炎ビタミン·ミネラルE.C.B2. プロビタミンAβカロテンなど、コエンザイムQ10、セレン、銅、マンガン、鉄、亜鉛
Jose Antonio 氏最近、ソーシャルメディアが発達してきて、その中で何の検証もなく正しい知識も持たずに、タンパク質が腎臓に悪いだとか、クレアチンアミノ酸を飲むと座撃を引き起こす、腎臓にも悪いなどと流す人達が沢山います。また何も知らない素人がそういう記事を書き発信しているので、きちんと研究して発信している情報を覆い隠してしまっています。なぜならそのような研究をベースにした情報はとても少ないからです。国際スポーツ栄養学会ISSNでは、栄養の真実を伝えるべく力を尽くしています。そういう誤解に惑わされないで高タンパク質食を1年以上続けても有害ではなく、下さい。むしろ主な栄養素としてタンパク質を考えるべきであると考えます。Jose Antonio氏の研究では、アジア人を含む様々な人種を用いて実験や検証をされています。日本人だから、タンパク質の量は少ない方が良いということはないです。また、Jose Antonio氏の実験では体重の4.4倍g、例えば体重60Kg の人ならタンパク質1日264g豚バラ肉で約1.8kgを1年間続けても安全だというデーターが提出されています。
若ハゲとサプリ

なぜサプリが必要か

6-1ミネラルは個人差が大きく、水溶性ビタミンB,Cなどで150倍、脂溶性ビタミンA,D,Eで10倍、ミネラル(鉄、カルシウム、マグネシウムなど)で10倍の個人差がビタミン、あります。若ハゲの方はにれらの栄養素のどれかが不足しやすい遺伝子を持っています。確率的親和力と言います。ですので、健康な人と同じ量を摂っていても、厚生労働省の基準量を摂っていても、全く足りていないと考えられます。そこで、若ハゲに特に不足しやすいビタミン、ミネラルについて書いていきます。なお、これらのビタミン、ミネラルは高タンパク食で初めて活かされますので、高タンパク食なしでは効果はありません。髪の毛に必要な栄養ビタミンAビタミンB2ビタミンB6亜鉛ビタミンB12ビタミンCビタミンE葉酸確率的親和力を考えて、ビタミンCの必要量を考えてみましょう。アメリカのオーソモレキュラー栄養療法の研究機関の研究で、成人の80%はビタミンC1日10,000mg~15,000mgと分かっています。ビタミンC1,000mgをファミレスのグリーンサラダから摂るには、100杯ほど食べなければいけません。現実的な量ではないので、サプリを使うしかなくなります。